*毛糸とウール*

 年の差&体重差の大きな凸凹トイプーコンビの日々徒然

新たな病気の疑い 3


  2015年8月1日

病院へ結果を聞きに行った、ところからのつづきです。


結果は



     150814-07.jpg



やはり肉芽腫でした。
正式には「化膿性肉芽腫性脂肪織炎」というそうです



     150814-08.jpg



見えにくいですが
腫瘍を疑うような所見は見受けられない、と書かれてます。
ちょっと安心です



     150814-09.jpg


見えにくいので要点を書き出すと

・やや強い炎症性病変が確認された
・免疫機能の亢進によって発生する肉芽腫性脂肪織炎の可能性が高い
・炎症細胞が比較的少なく増生する線維が主体の組織像も部分的に得られてる

という内容です。

3つ目も像生する線維が主体・・、ということはステロイドが効かない可能性が高い、ということです。



この結果を受けて、さてどうするか?
原因として考えられるのはパテラの手術時のヒザに残ってる糸なんだけど、ほんとにそれかどうかは特定しようがない。
去勢とか避妊の手術で肉芽腫ができる場合、その手術部位のすぐ近くにしこりができることがほとんど。
なのにウールはヒザから離れた場所である身体の側面にできてる。
じゃ、糸じゃないとしたら?
とにかくウールの身体が体内の異物を感知してしこりを作ってるわけだから、たとえばフードとかである可能性もある。
おやつ?水?歯磨きに使ってる液体・・・
可能性をあげたらキリがない。


先生と相談した結果、今回はステロイドを前回より多い量を投与してみて様子を見ることとなりました。

ステロイド投与は、高用量から徐々に低用量に減らしていかなければいけません。
ウールは8月14日からステロイド投与を開始して現在に至ります。(現在は2日に一度投与の段階)

で、しこりですが


“きれいに消えましたー!!”



ヤッター!!!!


またまだ心から安心できる状態ではありませんが。
原因がわからない以上、ステロイド投与が終了したらすぐにまたしこりができる確率は高いです。
そうなったら、とりあえず現時点で一番可能性が高いと思われるパテラ再発防止のために膝に使ってる糸を抜いてしまう、
ということも考えなければいけません。



     150828-04.jpg
     (最近はケイトともこうして一緒に寝れるようになってきました)



ただ今は、このまましこりができずに過ごせますように・・、と祈るのみです。
なにかと苦難の多いウールだけど、ひとつひとつ乗り越えていけばきっと大丈夫。



     150828-05.jpg



このカテで記事を書くのはこれが最後になりますように・・。
スポンサーサイト

Home

プロフィール

なおみん

Author:なおみん
ドタバタ忙しくも楽しく充実な毎日がおくれますよーに♪

*毛糸*
2005年10月21日生
体重7.0キロ ♂
大きくたくましく成長しましたが、実は超ビビリー

*ウール*
2014年2月3日生
体重2.0キロ ♂
ちびっこですが怖いものしらずでイケイケ~

Instagram

Instagram

Instagram

keito days

*Mobile Blog*

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

Top