*毛糸とウール*

 年の差&体重差の大きな凸凹トイプーコンビの日々徒然

しつけ教室④






  2011年3月12日土曜日 晴れ





 この日は朝からチャネリングへ行き、大阪城公園へ行き、ランチを終えて、最後にしつけ教室、と

 大忙しの一日でした。



 というわけで、夕方からレッスンスタートです。






     110312-31.jpg






 この日は朝からアチコチ連れまわされたあとのレッスンなので、若干ダルそうです








     110312-32.jpg







 
 ちょっと目を離すとすぐにオモチャやおやつが置いてある台の上をチェックします

 当然NG行為です。








     110312-33.jpg








 今日のレッスン項目は簡単に言うと『素直に離す』です。


 以前の記事にアップしましたが、ケイトはなにかオモチャとかおやつとかを受け取り(もしくは勝手に

 持って来て)、自分のものにしてしまうと、私が取り上げようとすると威嚇します。

 そのときの記事はコチラ→「守るべきもの」



 それをやめさせるレッスンです。


 まず、教室にあるケイトが興味を持ちそうなオモチャを与えてみます。






     110312-34.jpg






 どうやらガムテープの芯が気に入ったようです。(センスのないチョイスだ)






     110312-35.jpg







 うれしそうに両手でしっかり持ってます。








     110312-36.jpg






 ガジガジし始めたのでここで先生登場!








     110312-37.jpg






 先生が取り上げようとしました。








     110312-38.jpg







 案外あっさり渡しました。アレ?



 まだそれほどこのオモチャ(芯)に執着していなかったっていうのが今回素直に渡した大きな理由

 だとは思いますが、どうすれば素直に渡すか?を知ってれば、これから役に立ちそうです。






 
     110312-39.jpg






 返してくれるのをわくわくしながら待ってます





 次は犬と人間の距離の取り方のレッスンです。


 犬という生き物は、必ず相手(人間だったり動物だったり)との距離を考えながら生きる動物

 だそうです。







     110312-40.jpg








 人間(ここでは先生)のOKが出るまで、先生の身体に触れる距離には近づきません。








     110312-41.jpg






 先生の左手にはおやつが握られてますが、手に触れず、ノーリードで歩くことだってできるのです。





 要は犬と人間の距離は人間が決める、ということです。

 あくまで主導権は人間にあるのです。


 思い返してみれば、私は完全にケイトにイニシアティブを握られていました
     

 奪回せねば







スポンサーサイト

Home

プロフィール

なおみん

Author:なおみん
ドタバタ忙しくも楽しく充実な毎日がおくれますよーに♪

*毛糸*
2005年10月21日生
体重7.0キロ ♂
大きくたくましく成長しましたが、実は超ビビリー

*ウール*
2014年2月3日生
体重2.0キロ ♂
ちびっこですが怖いものしらずでイケイケ~

Instagram

Instagram

Instagram

keito days

*Mobile Blog*

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

Top