*毛糸とウール*

Category : 椎間板ヘルニア

2015初トリミング とヘルニアのこと- ケイト -


  2015年1月15日木曜日 はれ

今年初のケイトのトリミング。
ほんとは年末の予定だったけど、ウールに譲ったからトリミングしないまま越年したんだよねぇ。
本人(犬)そんなこと気にしちゃいないだろーけど。


   150115-01.jpg



なんか情けない顔してんなw

特に変化なし。いつも通り。
やっぱ写真暗い・・・。



   150115-02.jpg



八の字眉毛になってる(笑)
耳はふわっふわでモフモフ



   150115-03.jpg



実は1月の末頃からまた持病のヘルニアが痛んでまして。
すごい久ぶりだったから、飼い主動揺しました。情けないことに。



   4150115-04.jpg




こんなときはどうするんだっけ?と脳内に大切に保管してある過去のマニュアルを思い出し
“そうだ!温めて絶対安静だっ!!”
と、マニュアル通りに対処しましたら、



   150115-05.jpg



数日で復活いたしました。ホッ。
病んでるときってほんと痛そうでかわいそうで見てられないんです。
オロオロする私を心配そうに見るケイト。
アカン、アカ~ン。
心配させてどーする!!
毅然とした飼い主であらねば。

いつもだけど、ヘルニアが痛むのって寒いときなのよねぇ・・・。
冬はしっかり腹巻きして冷やさないように気を付けてるんだけどなぁ。

ともかく元気になってくれてひと安心です。
もう再発させないぞっ!!

スポンサーサイト

4度目の再発




  2010年9月22日水曜日 晴れ



 
 ブログに書こうかどうしようか迷ってた(っていうか書く気力がなかった)のだけど、ここに書くことで

 ケイトのヘルニアの記録を残しておきたいので書くことにします。


 そうです、またもやケイトはヘルニアを再発してしまいました。



 最初は2008年4月、次が2009年2月、その次が今年の1月、そして今回。

 今までは1年に1度くらいのペースだったのが、今年はこれで2回目です。

 
 なぜ?なぜ?私の頭の中でその思いがぐるぐる・・・。

 
 今回は、トリミングのときも元気がないと指摘され(ブログにも書きましたが)、私もそうだな、と

 思ってました。

 なんだかじっとしてることが多くて、おかしいな、と。

 そしてトリミングの翌日、やはり絶対に様子がおかしいと思ったので、会社から帰ってすぐに病院へ

 連れて行きました。

 結果、やはり椎間板ヘルニアの再発でした。

 ガーン・・・です。

 今回はまだそんなにひどい状態ではない(自力で歩ける・食欲がある等)ので、とりあえずステロイドは

 使わず痛み止めだけで様子をみましょう、ということになりました。

 一週間ずっとハウスに入れて薬を飲ませて様子を見ましたが、改善されてる感じではありません。

 ハウスの中でもじっとオスワリしてるのです。何時間も。

 オスワリしたまま居眠りしてるのです。

 眠いし辛いけど、寝る姿勢をとるのが痛いような感じです。

 そしてかなり時間が経つとやっと寝る姿勢になるのですが、今度はトイレに起こしてもまったく動きません。

 起き上がれないし、ハウスから出てこれないのです。

 見てるこちらが辛くて辛くて。

 一週間後の診察で

「前回は一週間の痛み止めで効果があったのに、今回は難しそうですねぇ。ステロイド、使いますか?」

 と聞かれ、できればステロイドを使いたくない私は

 「このまま痛み止めだけだと悪化しますか?」と聞くと、

 「うーん、まだ普通に歩けるし食欲・気力もあるので(病院でよそのワンコにウゥーと唸ったのです)

  もうしばらく痛み止めで様子をみましょうか」

 ということになり一週間分のクスリを貰って帰ってきました。

 でもその翌日。

 かなり痛そうであきらかに悪化してます。

 ハウスからもまったく出てきません。

 もうこれはステロイドしかないな、と覚悟を決めました。

 その日はオットくんが早めに帰宅してくれました。

 そしてハウスの前に立つと、ケイトが出てきたのです。

 いつもならこの瞬間私の嫉妬の炎がメラメラなのですが、この日はただただうれしくて。

 そしてずっとオットくんの膝の上で気持ちよさげにウトウト・・・。

 なので病院へ行くのもやめました。

 この日、もうひとつ私たちが試みたこと。

 それはケイトのベッドを夏仕様のものから冬仕様のものへと変えたのです。

 夏のは薄手であまりクッションがないタイプ。

 買って置いてあった冬仕様のものは、本来ハウスに入れるのではなく、部屋に置いてケイトのベッドにしようと

 思って買ったのです。

 だからハウスには無理矢理入れないといけないくらい大きいのですが、入れてみました。

 冬仕様のはふかふかボアであったかそうです。

 ケイトはかなり寝起きがラクになったようでした。

 

 そして翌日、朝から明らかにケイトの様子が違います。

 ハウスの入口を開けると、スタスタ~っと普通に歩いて出てくるのです。

 もうなんていうか、昨日までと目の力も全然違うのです。

 泣きそうになるほどうれしかったです。

 寝起きも普通にできます。

 昨日までのあの元気のなさがウソのようです。

 やっとクスリの効果が出てきたのもあると思いますが、ベッドを替えたのもよかったのかな、と。


 そして今日もとても元気です。

 まだしばらくハウス生活が続くと思いますが、元気になるためなら我慢!我慢です!


 今朝のケイトです。




     100922-1.jpg




 元気なのに出してもらえないことがかなり不満なようです。



     100922-2.jpg




 食欲だけは痛い最中もずっと旺盛で、それはほんと助かりました。



    
       100922-3.jpg




 オスワリが普通にできる、っていうこの当たり前のことがうれしいです。




       100922-4.jpg



 
 ハウスから出て遊びたそうなこの顔も、今まではなんとも思わなかったのに今はすごくうれしいのです。


 せっかくトリミングしたのにそのかわいい姿を誰にも見てもらえず残念ですが仕方ないです(笑)



 ケイトが再発してからのこの一週間と数日、頭の中はケイトのことでいっぱいでした。

 仕事しててもついヘルニアについて調べてしまいます。

 なにか治療方法はないのか?とか、関東の方にヘルニアの名医がいると読むと行ってみようか?とか。

 レーザー治療がいい、とか鍼治療がいい、とか。

 なんでもしてあげたい気持ちでした。

 まぎれもなくケイトは私達にとって大事な家族です。

 私たちにできることがあればどんなことをしても痛みを和らげてあげたいのです。


 でも幸いケイトは快方にむかってます。

 このまま全快すると信じてます。


 ネットでヘルニアについて調べてて思ったのですが、ケイトはまだまだ軽症なんですね。

 もっと悪くて手術をしたワンコもたくさんいます。

 今回の再発はなにが悪かったんだろう?と日々の生活を振り返ってみました。

 気をつけてたつもりですが、アレかな?コレかな?と思い当たることがいくつかあります。

 大いに反省です。

 これからは絶対に悪化させないぞ!!

 今回その決意を新たにしました。


 頑張りマス
 

 



       

あまりの寒さにて

 お正月も明けて、もう1月も半ばを過ぎました。

 またあっという間に次のお正月がやってきそうです・・・。


 今年の年末年始は寒かったですねぇ。
 
 特に大晦日から元旦にかけての寒さといったら(-"-;A
 
 元旦はどこへも出かけず家にこもってたので、そんなに寒い思いをしたわけではなかったんですが。


 ところが我が家のケイトさん、またまたヘルニアが痛み出しました。

 あれは5日のこと、オットくんが年始初出勤の日です。

 朝、オットくんが散歩に連れ出し、軽快にふたりで走って帰って来たそうです。
 
 玄関で待ってた私に愛想をふりまくケイト。
 
 いつもとなんら変わりはありません。




 ・・・・がっ!!




 リビングへ入ってから様子がおかしくなりました。
 
 明らかに元気がありません。
 
 いつもなら、朝の散歩のあとは自らボールを咥えてきて、オットくんに「投げろ!投げろ!」と催促するのですが
 
 それもなし。
 
 オットくんがボールを見せて誘ってみても無反応。




 “これはおかしいぞ”




 私もオットくんも警戒レベル急上昇です。


 

 “きっとなにかある・・・”




 案の定、ケイトを抱くと軽く震えてます。

 リビングは震える寒さではありません。

 そのままそっとしておくと、今度は自らハウスイン。


 この時点で私たちの嫌な予感は的中だと確信しました。


 ケイトはハウス嫌いなワンではありませんが、なにもないのに自ら入るということはないのです。


 これは「そっとしておいて」のサインです。


 そのままにして、私は用事を済ませるためにしばらく2階に上がり降りて来てみると、ハウスを飛び出し

 いつものように尻尾ブンブンで私を歓迎するケイト。

 まるでなにごともなかったかのように。





 ・・・・がっ!!(2度目の)





 やっぱりいつもと違ったのです。

 私に飛びつこうとジャレてるとき、不意に「キャン!!!」っていう大きな声。

 なに?なにがあったん?って焦る私。

 どうやらなにかの拍子に痛みが走るみたいです。

 「キャン!」って言ったあと、また尻尾が収納されてしまいました。

 ただいつもの痛がりようと今回は明らかに違います。

 以前はずーっと痛い感じだったのが、今回はなにか動きによって痛みがあるみたいです。

 



 というわけで、新年早々病院のお世話になりました。

 診断の結果、今回は今までほどひどくないのでステロイドの薬を飲むのはやめて、痛み止めだけで

 様子をみましょう、ということになりました。

 ホッとしました。

 あまりステロイドを使い過ぎるとそのうち効かなくなるんじゃないか?という心配がありますし、ステロイドを飲むと

 異常に喉が渇くみたいで、その様子が辛そうで見てるこちらも辛いのです。

 ただステロイドを飲むとすぐに何事もなかったかのように元気になるので、痛み止めだけで大丈夫かなぁ?

 っていう不安はありましたが、今回は大丈夫でした♪

 それからは安静に過ごしましたが、痛がる様子も見せずいつもと変わりません。

 それどころか家にずっといるとストレスが溜まるのか、遊びたがって大変です。

 
 一週間後の12日、また病院に行きました。

 順調に回復してるので、痛み止めの薬もやめてビタミン剤だけにしましょう、ということになりました。

 あと一週間で、お散歩も再開してOKです、と。


 ヤッタ(^ε^)♪






 ということで、お天気がよかった昨日いつものヨットハーバーへ。




      100117-1.jpg




 ゆったりお散歩です。



 お友達もいたのでごあいさつ。




      100117-3.jpg





 ふと見るとなつかしぃ~~~お友達の姿が!





      100117-5.jpg




 『ププ家』のププちゃんとクリスちゃんです♪

 ずっと“会えるといいなぁ~”と思ってヨットハーバーへ行ってたので、念願叶った!って感じです。

 ププちゃんもクリスちゃんも元気に走り回ってましたぁ~(*^ー^)ノ


 


 ケイトもフリーにしてみましたが、走り回ることもなくオットくんのそばから離れず。




      100117-2.jpg



 ま、そうなることはわかっててフリーにしたんですけどね。

 まだあんまり走ってもらっても困るので。




 しばらくするとこの顔で「早く帰ろう」と訴えます。




      100117-4.jpg




 お散歩嫌いのワンコはこういうとき助かります。

 毎日のお散歩なしの生活もケイトには極楽生活のようですヾ(´Д`;●)トホホ








 病院の先生がおっしゃってましたが、年末年始の冷え込みで関節(首や腰や股関節等)に痛みを訴える

 ワンちゃんがたくさん来院したそうです。

 「プードルって本来は凍った水の中でも飛び込んで獲物を取ってくる犬種なんですけどねぇ。

  寒さに弱くなってどんどん人間化してますね(苦笑)

  でもそれは仕方ないことなので、できる限り暖かくしてあげてください」

 と言われました。



 ケイトは我が家で一番暖かいところでいつも毛布をかぶってスヤスヤ寝てます。

 夜私達が寝る前にケイトが寝てるリビングの床暖を消し、でも朝の冷え込みが心配なので、朝3時には床暖の

 スイッチが入るように予約タイマーです。

 今月の光熱費が恐ろしいですが、ケイトの健康には変えられません。

 犬を飼ってない人が聞いたら「はぁ?」って感じなんでしょうが、誰にどう思われようと

 ケイトは我が家の大切なお坊ちゃまなので、箱入り息子で育てます。

 親バカ上等です(*≧∀≦*)ププッ



 みなさんのワンちゃんもお気をつけくださいね~。







再発、です・・・

約一年前、ちょうどゴールデンウィークの少し前にケイトは椎間板ヘルニアになりました。

急に足がふらふらになって、なにごと????ってビックリして病院へ連れて行ったら
『椎間板ヘルニア』と診断されたのです。
人間で言うところのぎっくり腰みたいなもの、らしいです。
ほぼ1ヶ月の安静を言い渡され、ケイトにとっても私たちにとっても辛い1ヶ月でした。
GWに予定していた旅行ももちろんキャンセルです。

そのとき動物病院の先生に

「椎間板ヘルニアは再発する可能性が高いので、気をつけてあげて
くださいね」


って言われてたんです。

なので私たちなりに、二度とケイトに辛い思いをさせないようにいろいろ考えて改善しました。
フローリングの部屋もカーペットを敷いたり、ケイトを抱くときの抱き方も常に腰に負担がかからないように、と気をつけて。

あれから一年・・・・。

先週の金曜日です。
私が仕事から帰るといつもと様子が違うケイト。
微妙な変化も見逃しません。

ちょうどゴハンの時間だったので、あげてみるとそれはきれいに完食。
食欲はあるようなのでひとまず安心ですが、抱いてみると小刻みに震えてます。
それに元気がありません。

時計を見ると7時。
かかりつけの動物病院の診察時間は7時まで。
急いで電話してみると、診ていただけるということなので、車を飛ばして行きました。

診断結果は“椎間板ヘルニアの再発”。

恐れていたことが起こってしまいました。

ただ、今回は早期に発見できたこともあって、ケイトの辛さは前回と比べるとかなりましなようです。
ステロイドの注射をしてもらって薬をもらって帰ってきました。

またしばらく絶対安静です。
基本、ハウスから出すことはできません。
これが辛い。
ケイトにとってよりも、きっと私たちにとって。

ケイトと触れ合えなくなって、いつもケイトに触れ合ってることによっていかに癒してもらってたか、を実感します・・・・。


ケイトは、薬のお陰で痛みは感じてないらしく元気です。
なのでこんな風にハウスの中からじぃーっと私たちの方を見つめ続けます。


0226-1.jpg



少しくらいならいいかな、とハウスから出してあげると上機嫌です。


0226-2.jpg


ウロウロするわけでもなく、オットくんの膝の上で寝てるだけなので、これなら大丈夫かな、としばらく出してあげてると、ZZZ・・・


0226-3.jpg


気持ちよさげです。



今朝もやっぱりハウスの中から目でなにかを訴えてきます。


0226-4-1.jpg


「なに?なに?どうしたん???」



0226-5.jpg


「うん、うん」


0226-6.jpg



退屈で仕方ないようです。
かわいそうだけど、ここでしっかり治しておかないといけませんからね。
心を鬼にして、無視してます。


これはケイトが貰ってきたお薬。


0226-7.jpg



このお薬、朝晩飲んでます。
これを飲むと異常に喉が渇くらしく、水ばかり飲むんです。
大量に水を飲む、ということは当然大量に出るわけで。
1時間も経たないうちにジョージョーって。
飲んだものがそのまま出てるだけなので、ほとんど無色で無臭です。
ただ量が半端ないです。
私、一日中ケイトのオチッコの片付けしてる感じです。
ライオンさんにお掃除グッズをたくさん貰ってあったので助かってます(笑)


私もオチッコ掃除頑張るから、ケイトも早くよくなっておくれ~~~。


やっぱりケイトは私の大事な大事なかけがえのない家族です。
もちろん前からわかってたことだけど、改めて再確認です。

また一緒にいっぱい遊べる日が早くきますように♪

安静期間はあと10日!!!!

プロフィール

なおみん

Author:なおみん
ドタバタ忙しくも楽しく充実な毎日がおくれますよーに♪

*毛糸*
2005年10月21日生
体重7.0キロ ♂
大きくたくましく成長しましたが、実は超ビビリー

*ウール*
2014年2月3日生
体重2.0キロ ♂
ちびっこですが怖いものしらずでイケイケ~

Instagram

Instagram

Instagram

keito days

*Mobile Blog*

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

Top